コンピュータ内部の作業

SHIBAYAMA
WORKS

Produced in 2017

場所を考える建築に対する建主の考え方

「建築」はクライアントをも満足させる存在でなければならない。と同時に社会とのコミュニケートの可能な存在でなくてはならない。社会とのコミュニケートが可能とは、多様な価値観に根ざす市民の、それぞれとってそこが意義深い場所であると感じることができるということである。そのそれぞれの感慨の扉を開くキーとなるのは、その建築がおかれる環境の場所性をどのように読むかにかかっている。的確な読みとりにもとずく建築家の言う「場所性を顕現する建築」こそ、時間に永らえて人々に愛されるモノとなる。

IMG_7477.JPG
IMG_7476.JPG
IMG_7449.JPG
スクリーンショット 2022-05-29 15.48.30.png
スクリーンショット 2022-05-29 15.17.42.png