僕のNFTを始める「心構え1」になる?

今2022年に入りNFTのデジタルデータが限定商品として売れるというということが僕にとっては世界を駆け巡っている。オープンシー、ラリブルも海外市場でも販売できるみたいだ。嫌でも海外のNFTアートでも数億円というのが目に飛び込んでくる。日本でもナナクサやチョコファクトリーというNFTを簡単?に作れるところが出てきたようです。

こんな風にデジタルな創作物を作るクリエイターにとってNFT化する事はとても気軽になったようです。(僕は未経験)

とは言うもののNFTの価値を上げるのはやはりマーケティングかな。

やはりクリエイターが積み上げてきたストリーに魅せられてしまう。これは大事かもですね。僕がやるんだったら、これをNFTを売る時の道しるべにしていこうかな。

今はイーサリアムでNFTを作ろうとすると一個作るのに1万円以上かかる。それが高いか比較的に安いかは、それぞれのアーティストによって別々なはず。

アーティスト、購入者との需要と供給によって価値は決まるのが一般的です。そのアートが少なく欲しい人が沢山いる場合は価格が上がるというシンプルな仕掛けだが、売る物は版画やリトグラフと同じに幾つでも設定できうるはず。まだ仮想通貨をやった事がないも同然。誰か教えてください。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Alchemia Tapestryのファイルを昨日から、1998年ぐらいの物→探す→Illustratorの古いバージョン→ なんとかなった!→exec形式!!→読めない→考える→ディスクが遅い→なんとかなんないかな と。。