top of page

テクノロジーが変える人間。

00:00 / 02:03

ちょうど1990年は皆さん、何をしていましたか。バブル崩壊後の同年に私はコンピュータを使ったグラフィックデザインの世界に飛び込みました。キミは機械のオタクだなと小馬鹿にされていました。1994年、インターネットという新たな地平線に出会いました。そのPCのインターネットの単なるクリックひとつが、東京から地球の反対側、アメリカのNASAで起こっている出来事に驚き、人間の心を揺さぶる力を持つことに気づきました。この革新的な技術は、私たちの世界観を拡大し、新たな可能性を開いたのです。まだ国際衛生放送で非常にお金がかかった時代です。一方で、コンピュータ技術の広がりには、広告業界においても抵抗が見られました。特に大手広告代理店は、当時からの伝統的な方法を守り、コンピュータ技術の普及を望んでいませんでした。その理由はシンプルでした。例えば彼らディレクターやデザイナーがアイドルと共にロケに行けなくなることを恐れていたのです。この技術革新への抵抗を目の当たりにし、私はクリエイターとして深い感慨を覚えました。いまでは多くの世間がAIよって貴方の仕事を奪うと言われています。

しかし、その後の30年間で世界は徐々に一変して行きました。今やPCは、老若男女問わずに普及し、小学校低学年生でさえも携帯電話型コンピュータで遊ぶ時代に現在は移行しています。むかしは凧揚げで遊んだのに、今やPCは日本でも必需品となりました。徐々に確実に革命が起きているのです。そして2023年、AIが現れた瞬間、【オヤジAI 】として新たな夜明けを迎えました。

AIは文章の最適化、翻訳、音声の認識による貴方のアシスタント、データの分析、予測、自動運転、医療診断の助け、金融業界での株価予測、不正取引の検出、教育でのオンライン学習支援、学習成果の分析などビジネスから個人まで活用分野の幅は多岐にわたります。

その中で人々はそれぞれに独自の才能を持っています。絵を描くことができなくても、コンピュータで表現できるようになりたい。動画の撮影費用がなくても、撮影したい。音楽が苦手でも、心を打つ旋律を創造したい。そして、印象的なCMのシナリオを自由に作り、未知の場所で撮影し、愛しい人との思い出を映像に収めたい。コンピューターはもちろん、AIをデフォルトで生まれながら持っている世代の到来です。貴方の仕事を奪うより良き想念で貴方と育ち生きて行くのです。大昔から日本人は物や道具を魂のあるものとして捉えてきました。刀とかも全てそうでした。日本人は元々そいう民です。これもYAP遺伝子のせいかもしれません、

考えてみれば、私たちが伝えることは、メッセージ、言葉、ビジュアル、映像に限られます。その中で人は伝達にビジュアルを80%使用し、言葉は20%だと言われています。言葉は誰にでも話せますが、絵を描くことは誰にでもできるわけではありません。多くの人が「絵や音楽が苦手」と言います。しかし今はもうAIの力を借りて、誰でも自分の想像や感じたことを絵や動画と音楽や言葉で表現しようとしています。私たちはすでにコンピュータを持っていて、もうAIの時代が始まっています。そしてこの新たな時代では、AIを通じて、人々が笑顔を取り戻すことができます。絵を描くことができなくても、コンピュータで創造することができ、笑顔で表現できます。動画の撮影費用がなくても、AIを使って心温まるシーンを捉え、笑いとともに共有できます。音楽が苦手でも、AIの力で心を打つ旋律を生み出し、笑顔で楽しむことができます。笑いや笑顔になることは、人間だけが持つ特徴なのです。有限会社テレパシーは、AIを通じて社会を豊かにし、笑顔をもたらす使命を持っています。今から、AIによる新たな笑いと笑顔の時代を迎えましょう。2024年元旦

00:00 / 02:52

ちょうど

視覚情報
bottom of page