top of page

* LONDON INTERNATIONAL ADVERTISING AWARDS受賞

* The Dimensional Illustrators Awards Show(USA) 銅賞3連受賞

* The Mebius ADVERTISING AWARDS First award受賞

* 文化庁派遣 IT デザイン関連ニューヨーク研修

* JAGDA 教育委員 (在籍 1997〜2010 年その後脱会)

* JAGDA コンピュータデザイン教科書編纂

* ADC年鑑 

*JAGDA年鑑 

* 毎日広告賞 特選 2 席

* 朝日広告賞 

* 日経流通、消費者が選ぶ賞

* 日経 BP 広告賞

* Adobe Photoshop 4.0jチュウトリアル CD作品掲載

*TOKYOバンタン電脳学園特別講師

* Adobe Photoshop 5.0jチュウトリアル CD作品掲載

* リーダースダイジェスト消費者が選ぶ賞銅賞

* Adobeデザインコンテスト特選 * 毎日広告デザイン賞部門賞

* アーテック国際ビエンナーレ リコメンドアワード

* ネオメディーバル’91 グループ展出品

* 新浦安サイバーアートフェスティバルにて展示

* 富山シティープラザ エキジビジョンにて展示

* フランス イマジナ’92にて展示

* WAVE六本木 ヴァーチャルリアリズム展

* キャッチアップ1993年

* 東京工芸大学出演依頼

* NHK衛生真夜中の王国

* 92WAVE六本木ヴァーチャルリアリズム展

* 飛騨高山スタンフォード大学特別セミナー

* Mac Expo '95 Adobe 講師

* 個展『忘れ去られてゆくものたち』/電通アドギャラリー

* フィンランド ART3000 INTERNATIONAL 出品

* 新浦安サイバーアートフェスティバル

* 富山シティープラザエキジビジョン

* 備前アートフェスティバル個展開催

* ネオメディーバル展出品

*情報処理学会研究論文発表

*SUPER DESIGNING 玄光社 

* フランス Imagina

* 雑誌ブルータス取材

* 雑誌Macファン取材

* 宣伝会議取材

 *雑誌ワイヤード取材

* フィンランド MUU MEDIA92 FESTIVAL 展出品

* 個展「忘れ去られてゆくもの達」電通アドギャラリー

* MacExpo 3Dグラフィックス講師

* コマーシャルフォト執筆

* ブレーン執筆
* 宣伝会議執筆

* ART BOXインターナショナル審査員

* 個展『忘れ去られてゆくものたち』/電通アドギャラリー *VISIBLE.INVIBLE/Graphics Art Gadian Garden
*フランス イマジナ'93
*NICOGRAPH巡回展
*フィンランド Turku Art Gallery
*Museum of Contemporary Art Sydney,Australia
*IDMA in Canada/Video Positive in UK/VIDEO FEST 

*ハップスブルグ家の宮廷画家 コートアーティスト

*FM東京  YKK Sound gallery 番組

*中学校美術の教科書に CGとして使用

*Works on Macintosh

*Newcastle International Festival

*DEAF/デジタル・イメージ'91~'97連続出典

*ART BOX展/'Video Fest in BERLIN

*SONY賞

*アーテック国際ビエンナーレ・リコメンドアワード

*新浦安サイバーアートフェスティバル

*美術出版デザイン 

*'98年7月 個展『The Alchemical Tapestryー錬金術で開け放つ、織りなされた物語』(於:スタジオエビスフォトギャラリー)

*'98年11〜12月 個展「The Alchemical Tapestry-2」(於:シティクラブオブ東京「メイプルルーム」)

* VISIBLE.INVISIBLE ビデオ作品出品 Gardian garden

* Turku Art Gallery招待出展

* ART BOX 展審査員

* MEDIA FESTIVAL 展

* 個展「The Alchemical Tapestry ー  錬金術で開け放つ、織りなされた物語」

* デジタルイメージトウキョウ出展 DIGITAL IMAGE TOKYO

* クリエイションギャラリーG8にてDesign Works on Macintosh NICOGRAPH巡回展に出品 日立 福岡 札幌にて展示

* シーボルト・イン・Tokyo 
* '96 Mac World Expo.ブース制作・運営

*「キヤノンデジタルギャラリー」柴山信広個展

*99年3月〜6月 キャノン・ワンダーミュージアム『Digital Art Gallery 柴山信広展』

フジテレビ番組 キャッチアップ

* 東京芸術大学 セミナー

HPインタビュー取材

*コンピューターグラフィックスアートワーク /グラフィック出版社

*NTT InterCommunication Center 取材

*日経トレンディ 取材

*NHK衛生真夜中の王国

*Photoshopに作品集収録

*WIRED執筆
*MdN執筆
*STEP BY STEP執筆
*Super Designing執筆
*Mac power執筆

*3D & Webマスタ-ズ取材

*デザインの現場取材

*CLUB VALIS 掲載

*鹿児島県立短期大学附属図書館 イメージアドベンチャ

*カイクラウス氏インタビュー

*アーテック国際ビエンナーレ・リコメンドアワード

*新浦安サイバーアートフェスティバル

*丸井キャッチアップSelected Awards and Exhibitions

*GOOD DESIGN AWARD 2020

*OPEN SEAに掲載し著作物を明確化 2022
*NTTアド

*ADK

​*小田急エージェンシ

​*グレイ

*博報堂

​*電通  その他

柴山 信廣の今までの主な受賞及びエキシビジョン・ 取材・掲載

柴山 信廣の略暦

企業戦略とデザインの事務所入社。 
広告代理店ADKに入社。クリエイターとして活躍。 
1990年に広告とサイトのプロダクションと広告代理業を設立。 
2020年に解散。 
もう一度やろうと決心して2022年に以前立ち上げた(有)テレパシーで活動。 
 

33年前の1990年当時パソコンが一般的な存在ではなく、物作りや広告の仕事を行うためには、従来の様に写植だとか版下による手法が主流でした。その中でPCを使い色々な会社の広告創りを始めました。しかし、その後、Web1.0、Web2.0、そしてWeb3.0といった時代が訪れ、AIの発展も相まって、生活の技術は激化しています。こうしてITの歴史と関わっている事は貴重な体験です。現在でも、ノートブックPCやiPhoneなど、携帯化したパソコンを用いて、日本の老若男女が一緒になって、汎用AIが創り出す新しい世界、1年後は誰にも想像できなくて、10年後はもう誰にもわからない世界に飛び込んでいく時代が来ています。しかし新しいクリエイティブをしていこうというと思います。どうぞよろしくお願いします。

​主なクライアント及びスポンサーへ直取引及び直クリエイティブ 経歴

(カナダ政府観光局制作の様に直』が無い場合は下請け)

1990年 三国志の城の3Dビジュアル制作

1990年〜画家 川口起美雄先生にテンペラ技法西洋絵画を習う

1990年 PUMA3D雑誌広告制作

1991年 脳波と3D直制作

1991年~1993年 BIO-MORPH ENCYCHROPEDIA Muybridge CD=ROM企画、運営の直取引 制作

1991年 NTTグループ企業全体の新たな宣言ポスター制作

1992年 株式会社トレビルの ベアト・アンジェロの本を制作直取引

1992年 SEIKO ALBA 腕時計 3D広告制作

1994年〜ライノタイプヘル印刷システム広告及びカタログの企画、運営の直取引 直制作

1994年 コンピュータ黎明期(1994年)の三つのアートと(1997年)もう一つの3Dアートの直制作

1995年〜Hewlett Packard スキャナー、HD関連の策定及び制作と広告媒体取り扱い

1995年 Hewlett Packard スキャナー細野晴臣 直接起用

1996年 HPデザイーナズラボ Tokyo青山の大型プリンター体験型ショールームの企画、運営の直取引

1996年 Hewlett Packard 佐々木投手 直接起用

1997年 Microsoft  ネットワーク番組運用の直取引 直制作

1998年 クラリスパッケージ制作直取引

1998年 Shadeパッケージデザイン制作直取引

1998年 Canon identity−1 日本人のアイデンティティ策定及び制作直取引

1998年 アルケミア・タペストリー ポスター制作

1998年~2002年 SONYのVAIOカタログ及びWeb制作直取引

2000年 MicrosoftのOffice雑誌広告企画、制作の直取引

2000年 Canon Identity 2000 in N.Y.『紙の出力見本からDTP書籍へ』策定及び制作直取引

2002年 ベネッセコーポレーション こどもちゃれんじbaby Webサイト制作直取引

2002年~2006年 NECソフトウエア カタログ類策定及び制作直取引 

2002年 日産自動車新型マーチ「マーチタウン」Web制作

2002年 NISANのSTAGEA Webコミニケーション制作

2002年 住商アーバン開発 お台場 デックス広告制作

2002年 JAGDA教科書 Computer Graphics 教育委員会 柴山信廣 編集

2002年 Canon OPTIMIZEコンセプト策定及び制作直取引

2002年~2010年 日本体育協会年間カタログ策定及び制作直取引 

2003年 年賀状スペシャルサイト制作直取引  

2004年~ 立正佼成会サイト制作直取引 

2004年 Canon OIS策定補助及びカタログ制作直取引 

2005年 Canon 3機種複合機3&9 Concept Book制作直取引

2005年 NECソフトウェア株式会社サイト策定及び制作直取引

2006年 Canon meapカタログ制作直取引 

2006年 大妻女子大学Web策定と制作直取引 

2006年 大手テーマパークWeb策定と制作直取引 

2007年 カナダ政府観光局制作

2009~2020年 大手出版社サイト制作直取引 

2010年 AR(拡張現実)メディア コンテンツ& Marketing

2014年 グラクソ・スミスクラインのGHの情報サイト制作

2015年〜 テンペラ絵画作成

2015年 トヨタ自動車IR情報誌制作

               その他クライアントのプランニングとデザインを多数経験

2007~2019年 気仙大工の2004年古民家移築再生 ZEKKEI  の再工事のガイドラインと作業

2014年 midjourney prompt design
2014年 OXIXの立ち上がり制作

Telepathy History

・33年間を振り返ると、柴山がパーソナルコンピューターを持ち仕事を始めたのは1990年であり、1995年のWeb1.0の時代にはインターネットが復興し始め、黒い固定電話が携帯電話に変わり始め、今考えればライフスタイルの変革期である事業をいただきはじめました。

 

・そしてWeb2.0が到来した2007年には、携帯電話がスマートフォンに進化し、個人が外出先で片手で使える小型パソコンを持つ時代になりました。ネットの能力がアップし始めていき、また江戸時代の古民家に住みながら、過去と未来の空間として建物が使用される様子を観察するという稀有な体験も行ってきました。

 

・2020年のWeb3.0から、コンピューターの進化に合わせて、TelepathyではAI技術を取り入れ、課題発見力を高めていくことを目指しています。33年前からコンピュータで仕事を始め、Web1.0からWeb3.0までのデザインやコンセプトの開発、そして経験を積んできたことが嬉しく思います。市場に対して一緒に頑張りたいと思ってます。また日本ではどの国よりも自殺が多く、それを防げないものかと思います。私たちの仕事は、Webなどや広告に関する知識を活用する力で貢献することです。今後とも有限会社 Telepathyに対する皆様のご理解、ご支援を受け賜りたくお願い申し上ます。

bottom of page