top of page

Shibayama

works

identity−1(Paper:A3)日本人のアイデンティティ。

日本人のアイデンティティと持続可能な研究熱心さ

私たちは、常に日本人のアイデンティティを大切にし、研究熱心さを持続させることを大事にしています。Canonとのコラボレーションで、高解像度の写真を駆使し、バランスの取れたリアルな出力を実現することが私たちの使命でした。その時の学びは、今日の私たちのコンセプト開発においても貴重な礎となっています。

2023年の今、私たちは変化の真っ只中にいます。日本の若者の自殺率の増加や、経済の停滞に直面していますが、私たちは変化を信じ、新たな未来を切り開く準備ができています。私たちのウェブサイトでは、天皇の血を引く人々の動画や、石油価格問題に挑む大学教授のインタビューを通じて、希望を共有しています。テレパシーの旅を通じて、持続可能な未来への架け橋を築いています。

●業界・業種              カメラ、事務機器
●エリア                  アウターコミニケーション・ツール
●ジャンル                プリントサンプル
●プロジェクト期間        約3か月
●スコープ               コンセプト開発/アートディレクション/デザイン/コピー/プロジェクト管理  
●編集 協力               オブスキュアinc

Produced in 1998

Produced in 1998

Produced in 1998

Produced in 1998

Produced in 1998

Produced in 1998

Produced in 1998

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・1
日本人のアイデンティティ・2
日本人のアイデンティティ・3
日本人のアイデンティティ・4
日本人のアイデンティティ・5
日本人のアイデンティティ・6
日本人のアイデンティティ・7
日本人のアイデンティティ・8
日本人のアイデンティティ・7
日本人のアイデンティティ・8
日本人のアイデンティティ・9
日本人のアイデンティティ・10
日本人のアイデンティティ・11
日本人のアイデンティティ・12

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・12

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・13
日本人のアイデンティティ・14

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・15
日本人のアイデンティティ・16

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・18
日本人のアイデンティティ・19

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・23
日本人のアイデンティティ・22

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・25
日本人のアイデンティティ・24

Produced in 1998

設計は世界に誇る亡き大江 匡(おおえ ただす)

日本人のアイデンティティ・26
日本人のアイデンティティ・27

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・28
日本人のアイデンティティ・29

Produced in 1998

日本人のアイデンティティ・32
日本人のアイデンティティ・30

Produced in 1998

頑張れ日本

このページの最後にYoutubeを付けさせて頂きました。華頂先生は、天皇の血を存続させる為に体が弱い家系なのに、古い過去からの延命に続く家系です。アジア全体を奴隷制度から守るために、したくもないことをしたのは事実かもしれない。私達全体が未来を担おうとしています様に。

2025年7月5日AM4:11

京都大学名誉教授である​日本人は凄い。なんとか日本の国策になり成功復旧し国内の日本人が潤い平和になり、そして世界でも。右の青山議員はこのドリーム燃料より日本海に埋もれているメタンハイドレードをやりたいようである。頑張れ日本。

左であるが政府関係者というところを信じてしまうならば凄い事だ。右の純日本製のOSは1982年だったかJAL123が追撃か圧力擁壁が粉砕して墜落をし、TORON関係者6名が全てお亡くなりに、なったそうです。それを復活させていたとは、凄い事だ。

右脳に帰ろう。右脳回帰。右脳は縄文脳。スマホを持った縄文人。左脳の超発展系は、なんとAIである。後しばらくで左脳はASIまで行く。今だから、右脳の時代の始まり。日本人は急いで右脳を活性化させなくては。所属は右脳。個人は左脳。コミュニティはキーであり幸せか。自分の価値よりより、所属して他の人の為。利他。

笑うと言うことは人に笑いを送っていることなので立派な社会貢献です。今や僕も気がつかなっかったのですが、社会情勢や人生から笑えません。そんなことで今からでも遅くないので一緒に笑いませんか。日本を楽しくかっこよく。28:00からは笑いが必要なんだと言うことが述べられています。

bottom of page