Shibayama

works

Produced in 2007  2019

~       

気仙大工の2004年古民家移築再生 ZEKKEI  の再工事のガイドラインと作業

©️

スクリーンショット 2019-08-07 14_edited.png

​®︎

(2016と2017年の了解済みメインの工事の実施は建築事務所と工務店、建築研究所は2016年後半と2017年初夏のみ)

一生に一度だけの人生。そして家を作るなら大半の人は一度だけ。 『家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない』という天才建築家コルビジェの名言があります。 もし家を作るなら皆様もそのようにしたいと願っているかもしれません。 そして家に感情があるとしたらそんな人生を支えたいと願いながら 何世代もここに暮らしてほしいと祈っているはず..

スクリーンショット 2022-01-28 18.32.30.png

 

気仙大工が建てたって直ぐに分かった

課題と解決:当時、JIA(社団法人 日本建築家協会理事副会長)と神奈川大学建築学部教授の建築家が経営する建築事務所とJIAメンバーの建築補助として古民家に詳しい建築研究所そして箱根の工務店の三社を使って岩手にあった今から約180年以上(その家に住んでいたお爺様の口頭による)も前の堂々とした江戸明治の気仙大工の古民家をその岩手県藤沢町から国内屈指のマウンテンリゾート、箱根ジオパークに2003年移築しリノベーションをしました。民家の確保は2000年の後半でした。

スクリーンショット 2022-03-04 15.59.51.png
スクリーンショット 2021-11-26 17.45_edited.jpg

​2001年の岩手に存在した古民家。

スクリーンショット 2021-11-26 17_edited.jpg

Survey in 2001

古民家に建築家達を入れて移築した理由

 2001年に建築家と建築研究所が岩手で古民家を僕が知っての上で調査をしました。それは初めに❶現地の岩手で分解する前に古民家の現物の柱梁の調査記録をする。❷そのままの設計図を作る。ことでした。❸その上で建築家がどのように箱根に適したリノベーションを施した建築をするのかということで、それが一般の古民家移築であり信頼できる建築家と相談するということです。

 しかし古民家調査と別の❹耐震実験は建築家と建築補助のもと委託され大学の統括の研究室が2001年に機能実験をしそのデータは兵庫耐震工学センターの基礎にしたようです。その話を建築家と建築補助の二人から驚き聞いたのは最近の専門誌インタビューの2019年のことでした。

DSC04086 のコピー_edited.jpg

Survey in 2001

​建築研究所と話す私。2001年11月11日。

 2001年に箱根に家を創りたかったのですが建築家にこちらと妻の思いを伝える事に思わず長引いてしまいました。箱根の国立公園にある土地に適した建築物が望まれる事は地震や土砂崩れなどの災害、建築法および様々な施工段階の事に対して是非クリアしている方が良いと思いました。またオリジナルの気仙大工の古民家の柱と梁はできるだけ同じように作り直すように依頼をしました。家を運ぶ段取りは僕の方がしました。それは建築家からの部分見積もりが抜けて家の完全なる材料を忘れていたからです。しかしついに2004年に箱根に出来ました。家の確保をしていただいた元の家の岩手県のお爺様とご家族の皆々様においては本当に有難うございました。❶〜❹はこの家にあった実際の建築の手順)

スクリーンショット 2021-02-15 17.18_edited.jpg

  Built in 2004

​建築事務所の現場確認と指示。2004年2月28日。

スクリーンショット 2022-02-02 16.19_edited.jpg

​2003年、家の土台作り。左にある木の枠は地下室への入口。

スクリーンショット 2022-02-02 16.19_edited.jpg

重さ1,2tもの巨大な梁(岩手から箱根に移動してきた古木)

 
スクリーンショット 2022-02-02 16.17.30.png

​2004年竣成。目立ったポールは電力会社と一緒に2011年移動。

​▶︎を押してください。古民家と同じフォルムと構造の基本にした。

スクリーンショット 2021-11-27 17_edited_edited.jpg
 

家の周囲をスチールブランケットと半透明の帆布で囲む

 当初東京が拠点でしたので毎日箱根に住んでいなかった為久しぶりに箱根に来てみると家の入口エントランスとそこから続く廊下が水浸しに驚かされました。そして家の周囲は移動できる連結したスティール・ブランケットのみなので、建築家や工務店が結露と言っている山側の壁面を確かめるために、家の周囲を半透明の帆布で囲む事とました。このことにより壁と床の結露の原因は家の中の漏水でドレインの排水機能が不完全な事が判明しました。建築家と工務店の協力が得られるどうかです。(これよりの①〜⑦は再工事のおよそのガイドラインと作業です。)

スクリーンショット 2022-01-23 13.17.51.png

一階の再工事について

 まず家の周囲は下の写真のように、生活の為のしっかりとした外壁というものががないのです。そして僕は最初は東京の仕事が忙しくて気がつかなかたのですが斜面の途中に作られた家なので当然高低差が高い山側から雨水が入ります。斜面の中腹に立った家です。雨水は必ず高い場所から低めの場所に流れていくのです。(箱根に一部大事にして作ったアート類やパソコンに被害がありましたが帆布の外壁で残りの物は少数救われました。)  

​帆布が守る

 このように建築家と工務店が証言する家の結露なのか雨水が入っているのか、いわば漏水なのか他の問題なのかを調べるために僕は前に述べたように家の周囲を帆布で囲いました。またこれはエントランスの屋根から下の空間に存在している伝統的な古木を①雨水から帆布で巨大梁、柱などの木材を守ることが出来ました。その帆布の出来栄えを見た神奈川大学教授、JIAの建築家は「素晴らしい」と言いました。2008年のことです。

 次に大きな床のところと壁にの所の長距離なコンクリートの接合部分です。未だに帆布で囲ったのに壁面全体から水が滴り落ちコンクリの床に溜まっているのを発見しました。漏水でしょう。これは建築家や工務店が結露とか湿気だとか言う山側の壁面を確かめるために、まえに述べたように家の周囲を半透明の帆布で囲みました。このことにより壁と床の漏水の原因はドレイン(排水路)の排水機能が不完全な事が判明しました。(晴れている日に建築家と地元工務店がセットで来るので両者が理解できず長引いてしまいました。)

0O8A0957.jpg

Produced in 2018

​エントランスから見上げると巨大な梁やら柱が目に飛び込んで来ます。左の壁面が山側で電気の工事及び二階とエントランスへのガス配管工事をリニューアルしました。左のスティール・ブランケットの裏に帆布があります。

 
 
 

​家内山側ドレインの再加工とキッチンルームの大理石

 竣工時のドレインは上の図面の様に外からは解らなくコンクリで蓋がキッチリと締めてありました。2016年の工事の時にコンクリを工務店と建築家が開け②床と壁の長い接合エリアは工事で塞がっている家の幅の長い(フルスパン)のドレインを一直線に開けてさらに排水が容易な仕組みを再度確認し、やり直しを含む全延長修復をしました。

 その長い排水の為のドレインによって導き出される垂直の穴は二つ。つまり山側にある台所と床の接合部分と山側トイレと床の接合部分とその山側のエントランスの壁面全体の排水工事をしました。これは色々厄介でしたが僕が貼り込んだキッチン床を上げて厚さ50mmの大理石の床は高さが保持でき勾配を取る為に大理石の張り込みが役にたちました。

 そして③トイレや台所や洗濯機置き場や元靴箱の壁のやり直しの話して工事をし直しました。また前後するのですが木の床を全面に貼りました。最終的にはエントランス壁面に山側からの漏水や結露を誘き出す為のさらなるもう一つのプラスチック壁(工務店及び建築事務所の2010年の工事)の仕上げに珪藻土を塗り古民家内部の巨大な重さ1,2tもの梁、柱と色合わせとコディネートしました。

 
 
 
スクリーンショット 2021-11-27 10_edited_edited.jpg

Produced in 2015

山側の壁にさらにウレタン剤の壁を貼り珪藻土を塗る。

 

山側列柱側の再​工事で快適

​ 外の山側列柱は地面に対して列柱の麓のエリアにあった物を建築事務所及び工務店が雨水対策に足元のかさ上げと束石をつくりました。及び⑤建築事務所及び工務店がコンクリの床と高い土台を創り直しました。またこの地面​を全てコンクリにした為、地下のコンクリエリヤ(地下室)に収めている品々が湿度で無駄に成りましたが今は包み込む湿度が平均55%以下近辺と成り快適です。

0O8A1131.jpg

Produced in 2016

柱の修正整形技法は建築家で竣工後前進しないかったが12年後の2016年。

二階のバルコニーとそこから屋根を支える巨大登り梁の再工事

 下の図面で緑の部分がバルコニーでアウトドアです。スノコ壁がしっかりと出来上がりなんら問題が無いように思えました。ところが徐々にバルコニーの真下の1階に水漏れが起きました。これは竣工時にはスノコ類が一見良さそうに見えるのですけれども逆に邪魔して防水層の高さが低いため下に水が漏れるものです。その問題を解決すべく何度も構造の話しをこちらからして、工事は建築家と建築研究所と工務店で三社でしました。⑥スノコを全部取り除きあらたにバルコニーの雨水に対する工事を施し排水を見直しました。そして排水溝を新たに5箇所にしました。また以前に解放されていたバルコニーに半透明な帆布をつけたことで一層お天気の良い日は全開に、雨の日は一部閉めることにで使い勝手は移築を考えた時のイメージを実現出来ました。また最近では珍しい昇り梁の根元は大きな梁との接合を見えるようにしました。

 二階の浴室の隅にドレインを付け排水を見直して⑦バスルームも快適になりました。

 
 
スクリーンショット 2022-01-28 16.46.05.png
 
スクリーンショット 2022-02-02 9.14.14.png
スクリーンショット 2022-02-02 9.17.22.png
スクリーンショット 2022-02-02 9.17.38.png

2004年の竣成時の帆布が無い建築家の提案のバルコニーを外から写す。

スクリーンショット 2022-02-02 9.18.10.png
スクリーンショット 2022-02-02 9.17.57.png

​2017年初夏に、13年後ついに完成した2Fバルコニー。

 
スクリーンショット 2022-04-02 12_edited.jpg
スクリーンショット 2022-04-02 12.10.28.png

今まで建築家達が黙視をしていたが、築12年後の2016年の家の山側の工事が終わり2017年に2Fバルコニーのスノコを外し会議をする。同年2Fバルコニーの工事と風呂場の水漏れ防止工事を始める。

Produced in 2017 

Produced in 2017 

 
スクリーンショット 2021-11-30 20.49.20.png

Produced in 2007

2Fのバルコニーは建主の起点で早くも2007年に頒布をかけた。

0O8A1029 2.jpg

Produced in 2017

階の帆布を開け箱根神社と芦ノ湖が良く見えます。​2017年にバルコニーは耐水性のシーリングに変更。そこでバルコニーに新たに着いた排水口は全てで4つ。

スクリーンショット 2021-12-10 13.35.43.png

建築家及び工務店とのやりとりの資料よりー2017年

大雪が降れば屋根の上から帆布による室外設計のバルコニーのところまで100Kg以上の雪の大きな塊が流れ落ち降り積もる。これは建築家に任せているのだかから安心していましたが、竣工時の帆布をつける前のバルコニー全体が受け皿になります。2017年に再び建築家がこの様なことの(大型のくの字型出窓を付け足す)工事をしたいと再び申し出ましたが、これは設計図もなくどのように窓を開け締めが出来るのか分からず、標高790mの標高で出窓全体が大雪で破損する可能性が否定できませんでした。同じJIAメンバーの建築研究所の方までが頷いていましたがバルコニーの意図的存在が不明瞭になます。そこで私の方で施工した今までのバルコニー帆布で行こうと決めたわけです。それが上の図のバルコニーの雨、雪への考えのレベルです。

スクリーンショット 2016-08-24 18_edited_edited.jpg

Produced in 2017

Photos in 2008

2019年令和元年のインタビューについて

専門誌のインタビュー(2019年令和元年四月)の記録はJoint recording1,2,3をそれぞれクリックするとYouTubeで内容が聞けます。家の竣成は2004年。2019年にグッドデザインの一次審査通過。

2003年設計:スタジオアルテック 室伏次郎 設計補助:吉田建築研究所 吉田晃 工務店:小川工務店

51z35xArm4L._SX377_BO1,204,203,200_.jpg

Produced in 2019

​令和元年

スクリーンショット 2018-10-10 18_edited.jpg

ベランダです。2014年に組みましたが2017年の工事の時も役立ってくれました。

 
 

ムカシのミライから始める

 古民家もしくは山斜面に家を造るのは、基本を押さえ家と土地の工夫をし日本の70%もの山岳地方への現在ならではの住み方を考えるという事だと思います。大昔から共存、共生によって作られた文化の日本。江戸時代には釘を使わなくても寺や神社、橋や民家は建っています。そのいわゆる古い建物は今でもこれからも残り続けるでしょう。100年住宅と言って建てた物が何十年で駄目になる話しがあります。湿気が多いからとか言っているけれど使っている木が違うからです。根本的に木に力が無いからです。急いで生やしている木や安い木を輸入して使っているからです。昔の木という物は戦争で焼け野原になる前はしっかりとした日本の大木をかなめ要に使って民家を建てたのです。

 この様にして都心と近いアーバンカントリー箱根に住みながら日本人のミライに、このムカシ建てられた岩手古民家を連れて住むことが出来て嬉しく思います。川崎の日本民家園の園長と業者の方々そして岩手の気仙大工左官伝承館の館長さん、皆さん色々とお知恵やご忠告ありがとうございました。素晴らしい写真は藤塚光政さんです。

スクリーンショット 2021-12-11 18.56_edited.jpg

Produced in 2020

竣成時には煙突の向きが反対で全体的にダメージがあり、2020年に煙突とストーブを JOTULの一番の大型の新品にしました。

スクリーンショット 2022-02-02 15.50.55.png

​2018年に古民家の生まれの岩手に皆んなで会いに行きました。コーディネートをしてくれた佐々木文彦さんと古民家を譲ってくれましたご千田ご夫妻大変遅くなりましたがありがとうございます。また岩手の広野光恵さんと龍太郎くん、阿部亮さんありがとうございます。

スクリーンショット 2022-02-02 15.48.55.png

写真:​野々下洋子

  • 建主実施補正のガイドライン及び再工事(2007~2019年に断続的):エントランス帆布外壁、屋根ベランダ帆布、一階テラス帆布施工(帆布専門店による工事)、システムキッチン取り付け、一階エントランス 通路 のフローリング、一階トイレの床貼り、軒下道具置き場、キッチンルーム床総大理石貼り、外部ウッドデッキと外部階段、アプローチ花壇、駐車場および外構、裏庭列柱の入口手前GLコンクリ処理、薪小屋、エントランス壁の塗装、家庭農園、一階エントランス照明工事(電気設備会社による工事)、庭のポール・電力線の引き込みの移動(電力会社の工事)、アプローチの電気の延長、ガスの配管増設 二階エリア リビングルーム エントランスを含む6箇所(ガス専門店による工事)、携帯電話の通話の増強工事 一階エントランスとリビングルーム及び二階部分そして地下の部屋 庭(携帯電話会社による工事)、新規薪ストーブ及び煙突の入れ替え。(軒下道具置き場のアンダーラインはYouTubeで、前中後に3つあります。)

スクリーンショット 2022-02-02 15.46.39.png

大学院 構法計画研究室の方々に家の魅力について聞く。

​この家の想いです。2020年グッドデザイン賞応募で2019年に出品。グッドデザイン賞は昭和に創立された日本で唯一の総合的なデザイン評議・推奨の仕組みです。ちょうどコロナの前に出しました。

スクリーンショット 2021-11-27 17.11.07.png

​この古民家のおおよその考えと古民家をリファインした人々の名前が出てます。(GOOD DESIGN AWARD類の提出書類)

スクリーンショット 2021-11-27 14.20.12.png

GOOD DESIGN AWARDの提出パネル。

GOOD DESIGN AWARD 一次審査通過。

スクリーンショット 2022-02-01 14.10.00.png

​この建物のサイトは

スクリーンショット 2019-08-07 14_edited.png